どん底薬剤師の這い上がり@帰ってきた太郎

〜 そして薬剤師業界の勃興へ〜

【スキル積み上げ】高い服薬指導にある患者に服薬指導すると、、

はい。太郎です。

 

f:id:cometarohpharma:20190922210916j:image

 

今回はタイトル通り服薬指導のネタです。高いスキルの薬剤師が担当している患者に服薬指導をするとどうなるのか。

 

想像通り、歯が立ちません。まず、低いレベルにある薬剤師であると、患者さんはほぼ満足できないでしょう。良質な薬剤師の指導に慣れているので、もはや普通薬剤師だとクレームが来るかもしれません。

 

私も普段、レベルの高い薬剤師の指導にあたっている患者さんに臨時で薬を出したところ、そんなこと知っているわ。と一蹴されて終わりました。クレームに繋がると怖いので、間違いのない基本的な事だけ伝えて、守りの服薬指導をして切り抜けました。

感覚的ですが、患者さんの知りたいことは、薬の知識の先にある、どういう結果をもたらすか、結局どうなるのかということが知りたいみたいです。

 

その薬を飲むことによって、どうなるかは患者さんによって変わってくるし、あらゆるパターンが考えられます。薬が合わずに副作用の方が多くでる可能性もあるし、体質で効果が出にくいかもしれません。パターンが何通りも考えられるのです。

 

その何パターンも考えられるものから、うまく患者さんに伝えられる能力が求められているのです。医師もどうなるかは伝えていない可能性もあるので、医師の職域を侵害しない程度に患者さんに伝える必要があります。

 

薬の作用は説明できるけど、その後どう治癒するというところまでの説明は、治療方針もあるので、伝えにくいかもしれません。患者さんとの信頼関係と医師の処方意図がわかって初めてできる仕事です。

 

高い服薬指導というのは針の穴を縫うような発言で、想像以上にレベルが高いものでした。医師を立てて、患者さんに満足してもらうというのが、薬局のゴールでしょう。

 

満足というのがまたくせ者で、既に高いレベルの指導を受けている人はもはや指導レベルを引き下げられないのです。一度上げた生活水準を下げられないのに似ています。そのレベル差を埋めるのに出されたのが、かかりつけ薬剤師制度でしょう。お金が少し発生するけど、薬剤師を指定できる制度です。

 

なので、そのお金を払っても指名をもらえる薬剤師とはすごい薬剤師です。知識と経験にお金を払っているのです。

 

私は高い指導を受けている患者さんの指導にあたって、自分がまだまだだとも思いますし、目指すべき道の1つは見えた気がします。あそこまで患者さんを満足させれば、わざわざその薬局まで足を運ぶことでしょう。

【薬剤師の将来性】仕事に飽きるか飽きないかはその人次第

はい。太郎です。

 

f:id:cometarohpharma:20190921214343j:image

 

薬剤師の仕事はずっとやっていると、飽きてくるという側面があります。それは半分事実かもしれません。多くの方がそう言ってはいます。私もそれは思いますが、結局はその人次第だとも思います。

 

薬剤師の業務は調剤 監査 投薬 の主な3つのルーチンワークですが、その3つとも熟練していくと、飽きは発生するでしょう。

 

特に中小の薬局は、異動などはありません。ほぼ固定で同じ店舗に配属になります。熟練者なら、ほぼ3ヶ月程度で全てマスターするでしょう。私のような初心者薬剤師ですら、1年で大枠は分かる感じですから、他の方はもっと早めに分かるでしょう。

 

大手であれば、ある一定期間の間で転勤があるので、飽きがこないように工夫されています。さらに年功序列を敷いているのがほとんどなので、出世することを目標に続けられるというのもあります。そして1つ上のランクに出世すれば、次のランクが見えるように設定してある。その引き上げ方がうまい組織が、大手チェーンとして発展していきました。

私は、中堅、大手のチェーンを見てきましたが、かなり縦社会の文化です。上司に可愛がられ勝ちみたいな属人的な評価がほとんどです。まあ端的に言うと、社内政治です。社内政治がうまい人は出世します。出世があれば、会社人生は面白いのではないでしょうか。飽きが来ないでまっとう出来そうです。

 

もう一つ、飽きずに仕事をするポイントとしては、薬剤師という職人として磨き続けるのに楽しみを見いだせるかどうかです。

薬はやればやるだけ奥が深いので、課題を見つけて日々研鑽すれば、薬剤師の仕事にとことん面白みを感じて追求できます。専門職の側面がありますので、ひたすらスキルを身につける仕事人生も選べます。

 

そして、この道の面白いところは、かなり薬剤師として超人的にスキルを身につけると、情報発信者や、講演などに声がかかるようになるでしょう。

 

これはどの専門職でもそうだと思います。超人的なスキルには、人が集まりますから、必然的に講演や本執筆に声がかかるでしょう。

 

ただ、この道は、

ベテラン薬剤師としての薬を知っている程度ではダメです。その程度であれば、大手調剤チェーンの教育係としてゴロゴロいますからダメなのです。大手調剤チェーンが外注したくなるレベルの超人的スキルという点がポイントでしょう。超人的スキルになってこそ、人は集まるのです。

 

結果として、

薬剤師として仕事を楽しく続けるには、職人としていきるか、経営側に回ったり出世していくか。おそらくどちらかでしょう。どちらも長所短所ありますが、やるならどちらかです。どちらも中途半端だとルーチンになり飽きてしまうのです。

【薬剤師転職】東海地方や近畿内陸部の給与は感覚的に100万上がる

はい。太郎です。

 

f:id:cometarohpharma:20190920132127j:image

 

今回は薬剤師の転職に関してです。薬剤師で割と高給な地域だと、タイトルのような地域が思い浮かびます。薬科大がないのと、都市部まで少し距離があるという理由で薬剤師の人が集まらないのです。

 

大手チェーン店でもこの問題にぶち当たります。私も企業の薬局で、いきなり東海地方に配属されることになりました。そこの地元の方に話を聞くと、やはり薬剤師というのは不足しているようです。そして、基本車社会で車がないと何も行動できないです。

 

薬剤師が不足している理由もなんとなくわかります。薬科大がなく薬剤師の供給が少ないという理由と、すぐに都会にアクセスできないという地域柄があります。1番近い都会は、名古屋ですが、遠すぎて連休でないといかない距離感です。なので、浜松かもしくは静岡に遊びに行くことになるでしょう。私は車がなかったので、そこまでいくのに苦労しました。まずJRまで辿り着かなければなりません。そこから向かうのです。独身でいきなりそのようなところに配属になるのは厳しいかもしれません。

 

大手チェーンでは給与は安いですが、そのまま辞めて近くの薬局に勤めるといきなり高くなるでしょう。600から700が相場になります。それに家賃なども安めなので、貯金はかなりできるでしょう。

 

あともう一つおススメな転職先は、

近畿の内陸部なども高給です。岡山県の内陸地方と、奈良和歌山あたりは給与が都市部に比べて150万くらい高いでしょう。東海地方のように600から700くらいになります。ちなみに平社員の年収です。残業もほぼないでしょう。

 

奈良などは、交通網が発達していて、梅田までのアクセスがよいです。そして、奈良に行くだけでもだいたいの用事は済ませられるでしょう。車は持たないと厳しいかもしれませんが、電車が多くあるので、利便性はあります。

 

和歌山のほうは、地域によりますが、和歌山市に近ければ、大阪までアクセスできますが、白浜や串本に勤めると、観光地に勤めるという感じになります。どちらにせよ、給与は高めです。

 

都会のごみごみしたところに疲れ果てた方は、そういうところに住んでみてもよいかもしれません。ゆったりとしていて、日々の疲れを癒してくれることは間違いないです。ただ居すぎると、都会のスピードについていくのに、リハビリが必要です。

【薬剤師の年収】週刊ダイヤモンドで発売された薬局戦争に関してのコメント

はい。太郎です。

 

f:id:cometarohpharma:20190919220619j:image

 

今回は、最近発売された週刊ダイヤモンドの薬局戦争についてに話していきたいと思います。

 

その中でも、今回は薬剤師の年収とキャリアについて書いてあるものについて話していきます。

 

ざっと読みましたが、だいたい書いてあることは当たっていると思います。薬剤師の監修があったかもしれません。ただ、書いてあることは正しいけど、現場の薬剤師からしたら、ちょっとイメージと違うような違和感があります。

 

その記事では、

薬剤師なら製薬会社の研究開発が高級取りでやりがいもあって、最高峰だろうという書き方です。その一方でドラックストアと調剤薬局は誰でもすぐなれるけど、やりがいは製薬会社よりは劣るような感じの印象を受けます。確かに書いてあることは正しいですが、なんか違うよねって感じです。

 

週刊ダイアモンドでの持っていきたい方向はわかります。薬局の報酬はこれから微妙になるから、薬剤師として薬局に勤めるのはやりがいも微妙だし年収もそこまで高くないですよ。という風にしたいのは伝わります。

 

ただ、薬局の報酬が減ったとしても、薬剤師が1番輝ける場所は薬局でしょう。これはほぼ断言できます。

 

製薬会社の研究開発は輝けないわけではありません。週刊ダイヤモンドの言う通り、1番エリートで、超有能の層でしょう。年収も800から1200となっています。これも正しいでしょう。製薬会社は40代平でも800は到達します。管理職になれば、1200から1500です。なので、薬のエリートと言っても過言ではありません。ただ、学生のスーパーエリートが研究開発に入ったとしても、入社してから凡人になる可能性があります。入社してくるライバルが超有能なので、それに勝らないと埋もれるのです。

 

私は私立薬学部ですが、製薬会社の研究に入れるのは、大学で首席レベルの頭脳を持つ人間でした。それは間違いないでしょう。その方と話しましたが、非常に論理的で頭が良い印象を受けました。そういう人材は、薬局であろうが、MRであろうが、輝くことができ、年収も高く維持できると想像できます。

 

結局その人次第なのです。

 

薬局の年収は400から600となっていましたが、平社員はそのくらいということです。マネージャーになれば800はいくし、1000万もらっている人材もたくさんいます。

製薬会社の研究開発にいくような超優秀な層は薬局業界でも、やりがいを持ち輝くことができるでしょう。優秀でなければ、それまでだったということです。

 

話は戻りますが、

なぜ薬局という場で、1番薬剤師が輝きやすいのか。これは、薬剤師しか競争相手がいないからです。そういう環境は薬局しかありません。ドラックストアも製薬会社も他職種との勝負になります。超有能な人材でも、薬局という職場では薬剤師の免許がなければ、薬剤師の業務はできません。そういう意味では、ある程度優秀ではなくても薬局の場では輝ける可能性が高いということなのです。

 

もちろん、製薬会社の研究に入るような優秀層では、もっと容易に薬局業界で活躍できる可能性が高いのです。それなのに、やりがいが高いし年収が高いという言葉に踊らされて製薬会社に入るのは、ちょっとしたワナでもあります。

 

製薬会社で活躍するには、他学部の優秀層を押しのける能力が自分にある場合に限り、という条件的なものを週刊ダイアモンドには強調して欲しかったですね。

 

もし他学部を押しのける能力があれば、薬局業界ではかなり無双となるでしょう。他学部との競争はなくブルーオーシャンですからね。それをお伝えしたいです。

【コラム】転職したら、人生終わり?

はい。太郎です。

今回は、タイトル通り、転職したら人生終わり?ということで。

 

f:id:cometarohpharma:20190918213717j:image

 

まあ、今の時代でも、転職したら終わりと言う方がいます。もちろん、終わりません。おそらく終わりと掲げている方は、給与が下がるイメージがあるからだと思います。

 

ここで問題なのは、転職しても怖くはなんともないのに、必要以上に怖いと煽ってきて、行動できないマインドになることです。

 

親戚などでも転職するなんて考えられないと言っている方がいました。ところがいまでは、定年を迎え仕事や転職に関して何にも言わなくなりました。結局そんなものです。その方は、転職やキャリアについて興味があったわけでなく、ただ自分が転職したことないので、それが目に触るのが嫌だったのでしょう。

 

ほとんどがそんな人ばかりです。あと会社の人や社長なども転職はしない方がよいと言う時がありますが、それもほとんど嘘なので気にしなくてよいでしょう。会社に人がいなくなって、業務が回らなくなるのが嫌なだけです。自分の人生だし、嫌なら辞めるスタンスでよいと思います。

 

また転職には大きくキャリアアップとジョプホッパーがあって、給与が下がるイメージがあるのは、ジョプホッパーのほうではないかと思います。いままでの業務とは別の関係ない道に進み、給与が下がります。全くの未経験から入るので、給与が下がるのは当然です。多くの転職はこれを指すでしょう。

あとはもう一つのキャリアアップというものがあります。同じ職種だけど、職位や業界を変えることで、大きく収入を上げることができます。実力がいまの会社でトップクラスで挑戦したいなら、転職は良いでしょう。今の会社でトップを張るくらいでないと、転職してもそこまで評価されず、ジョプホッパーのようになってしまうかもしれません。

 

今の時代、会社がそこまで持つかどうか分からないので、転職して探ってもよいかもしれません。ただ、よく言われる35歳転職限界説とはジョプホッパーの事です。35歳までに職種は決めておこうということです。プレイヤーとしては、50までがピークであり、30代、40代には見劣りします。職種の研鑽に時間をかけることを考慮すると、35歳までが限界でしょうということです。

 

そもそもいまでは、一つの職種、会社にこだわらなくてよいので、そこまで35歳にこだわる必要もなくなってきました。会社や年齢という自体がなくなりつつあるかもしれません。業務が出来るかできないか、これに尽きると思います。なので、転職したら人生終わりと言うのは、何も業務ができなく歳をとってしまったということになります。

 

 

【コラム】失敗は10回のうち、9回。それ以上失敗するかも

はい。太郎です。

 

f:id:cometarohpharma:20190917132859j:image

 

今回はコラムで挑戦についての話です。

【コラム】失敗を怖がらないことが次の変化へ - どん底薬剤師の這い上がり@帰ってきた太郎

 

以前のブログでも紹介しましたが、行動しないと失敗するけど始まらないよということです。

確かに何か行動して、次に向かうというのはエネルギーが要りますし、精神病になる可能性もはらんでいます。

 

それでもやはりどんどんしたいことや、目標に向けての行動をするべきかなと思います。本当にやりたいことや、達成するべき目標があるなら、あまり失敗を恐れたりはしないでしょう。

 

私も多くの土地で仕事をして、振り返ってみると失敗の方が多いです。ほとんど失敗かもしれません。精神的にも追い込まれた時もありました。そういうリスクがありますが、やはりやってみないと分からないですし、精神的に追い込まれる前にその場から消えれば問題ありません。

その場からバックレたら、無責任過ぎるというかもしれませんが、バックレずに頑張って精神的に病気になってしまっても、おそらく誰も責任は取ってくれないでしょう。多分病気になったのは、自己管理が悪いと言われるので、それならば、その場の仕事などを全て捨ててどこかに行ってしまっても問題ありません。精神的な体調の管理をするために、消えたのだから問題ないのです。

 

精神的に追い込まれるなどのリスクがありますが、ちゃんと対応すれば、そこまでリスクではありません。何かしら失敗したとしても、何かしら対策はありますし、その失敗によって、その分野の特徴などが分かったと思えば、失敗とは捉えられないのです。そして、失敗によって分かった知見というのが、成功の1ピースとなるのです。

 

薬剤師の業務でもそうです。何かミスをしても、その対策を学べば成功ですし、服薬指導の失敗でも新たな切り口が見つかるかもしれません。そう考えると失敗ではありません。

 

結局、失敗というのは、誰かが作り出した幻想なのです。世の中、上司が思う結果に沿わなければ失敗となってしまうでしょう。それに固執する必要はほぼないです。自分をしっかり持っていけば、ほぼ幻想的な成功の形は塵になるでしょう。あとは、成功とか失敗とかにいちいち一喜一憂しないメンタルだけです。人生100年時代の1年くらいしくったとしても、ほぼ失敗ではないです。しくったという経験がつくだけで成功ではないでしょうか。

 

人生100年生きたけど、なんにもなかったのほうが、よほどの失敗人生でしょう。

【温泉薬剤師】僻地の業務とは

はい、太郎です。今回は村みたいなところの薬剤師の業務について、話していきたいと思います。

 

f:id:cometarohpharma:20190916214551j:image

 

私はかつて温泉地の薬局の薬剤師をしていました。観光客は多いですが、住人はそこまでいません。なので患者もそこまでいないのです。

 

薬局は当然私1人。朝から晩まで薬局にいます。午前中は患者さんが来るのですが、10人ほど。朝の9時ころに一気に患者さんが来て、あとは暇になります。午後はほとんど立っているだけ。2.3人来て終わる午後もあります。

午後は、卸や業者が何時間とおしゃべりするのが主な時間です。その合間に患者さんが来る感じです。業者も暇なので、おしゃべりしたいのでしょう。患者さんとしゃべっている業者もあるくらいゆったりとしています。都会のようにせかせかした感じは全くありません。

 

薬局で1人で勤務していると、喋る人が、業者か年配の方だけになります。そうすると、知らず知らずの内にコミュニケーションが乏しくなるかもしれません。空いた時間などは、ネットサーフィンや外の眺めを見る生活です。誰からも何も言われず、孤独の日々。たまに来る観光客の患者さんが唯一若い人だったりするのです。

 

そして、時が過ぎるのがあっという間です。え、もう半年経ったの?というくらいすぐに過ぎ去ります。気持ちはゆったりしているけど、流れている時は早いという感覚です。周りの風景などはほぼ変化がないので、相対的に時が過ぎていくのが物凄く早いです。ぼやっとしていると、5年はすぐに過ぎ去ります。私は2年ほど過ごしましたが、本当にあっという間の出来事でした。

 

毎日同じ時間に薬局に行き、1人で薬局を空けて、そして同じ時間帯に家に帰る。そしてご飯を食べて寝る。そしてまた次の日。という感覚です。村みたいなところなので、娯楽もほとんどありません。ネットサーフィンとユーチューブなどが娯楽でしょう。

 

私は薬局を辞めるとき、かなり引き留められました。それはそうでしょう。ここに来る薬剤師はそうはいないからです。私の能力で辞めてほしくなかったのではなく、僻地に行く人間がいないからでしょう。

結局次の後釜は、重役のような人が来ることになりました。その重役もおそらく繋ぎで、また新人薬剤師を僻地に連れてきたらお役御免でしょう。

 

最初は、温泉地薬剤師というのは響きがよいと思うのですが、家族を持ったあとが手厳しいです。病院、学校、スーパーなどの基本的なインフラがほとんど揃っていないので、子育てには向かないです。地元がその村であるなら、地元のネットワークを使ってなんとかなりますが、全くの新参者ならば、僻地で生きていくのは覚悟が要ります。